牛の育成を支援するIoTサービスに、スタートアップだけでなく大手企業が続々と参入し、ここ1年間で導入が加速している。ソニーエンジニアリング(神奈川県藤沢市)が来年1月に新たなサービスを投入し、キヤノンマーケティングジャパン(MJ)はネットワークカメラを利用した監視サービスを開発中だ。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>