理化学研究所、大阪市立大学などはデータ活用で、体の疲れを回復しやすい抗疲労の日本食のメニューを開発した。疲労の指標が約2割改善するなど有意な結果が得られたため、給食サービスの事業者などにメニューの採用で交渉をしている。