九州旅客鉄道(JR九州)は、顧客の行動を把握したうえで、新幹線などの割引チケットの発売量を調整する取り組みを始めた。