現在のRESASには、36種類ものメニューがあり、使いこなしが難しいとの声もある。そこで、人口・産業・観光分野の専門家が実際の分析事例を交えて、戦略を検討する際のポイントを解説した。

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。