クラウド名刺管理サービスのSansan(東京都渋谷区)が機械学習を活用して名刺情報のデータ化を効率化させている。2013年にR&Dグループを設立し、1件当たりのデータ化費用を3分の1に削減した。収益性向上だけでなく、新規事業開発にも貢献する取り組みだ。