新潟の中堅スーパーのマルイは、気象と来客店数について1カ月程度の実績データを利用して機械学習を行って、将来の気象から来店数を予測する。商品の発注にも段階的に活用していく考えだ。