データ共有を進める上での最初の課題は、社外からデータを提供してもらうこと。しかし、宮崎県の「ひなたGIS」には頼まずとも様々な国や自治体からデータが続々と集まってくる。一体なぜだろうか。