data eyeにて倉敷の美観地区を訪れた人のプロフィルを分析する試験サービス

全国から宮崎県にデータが集まるワケとは?

2017年09月08日
  • 新潟県佐渡市は、島内の医療や関連の事業者がデータを共有している
  • 宮崎県が開発・提供している「ひなたGIS」
  • 倉敷市とデータ クレイドルが運営する「data eye」では年代ごとの人口密度を分析できる
  • data eyeにて倉敷の美観地区を訪れた人のプロフィルを分析する試験サービス