データ共有を進める上での最初の課題は、社外からデータを提供してもらうこと。しかし、宮崎県の「ひなたGIS」には頼まずとも様々な国や自治体からデータが続々と集まってくる。一体なぜだろうか。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>