コールセンター業務を手掛けるTMJは、「応答率90%」を確率90%で保証できるようになった。過去のデータに基づくコール数の予測に加えてオペレーターの必要数の割り出しを、シミュレーション技術の活用で精度を高めた。