福田道路(新潟市)とNECは10月初旬までをメドに、深層学習(ディープラーニング)技術の1つであるNECの「RAPID機械学習」技術を活用した「舗装損傷診断システム」の開発を完了する。舗装道路の「ひび割れ」と「わだち掘れ」を同時にレベル判定できるのが特長だ。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>