あずさ監査法人はビッグデータ分析に基づく監査へ全面的に移行する。2014年に「次世代監査技術研究室」を設置し、2017年3月期の監査対象企業中、約160社に対して全体の取引データを分析対象とした精査的手法で監査を実施した。2018年3月期では全対象企業で同手法を採用する。