たくさんのデータを抱える現場ほど、人工知能(AI)技術の活用で利益を生み出せる。研究者が現場に出向いてビッグデータを解析して、施策を打ち出す動きが活発だ。特集「アルゴリズムは現場が磨く」の第1回は、実証実験によってある倉庫の生産性を5~10%高めた日立製作所の取り組みを紹介する。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>