大手の製造業やスタートアップなどが自社の強みを生かして、介護分野を新たな市場として開拓し始めた。各社の強みを持ち寄ることで介護現場の抱える人手不足などの課題を解消し、新事業を育成するのが狙いだ。