自動車向けの部品などを製造する化学メーカーのダイセルは、映像と人工知能(AI)を活用した生産の効率化に取り組んでいる。作業者のカメラ映像を認識して、異常な動きをリアルタイムに検知したり、後から状況を参照したりできるようにした。自動車部品は共通化が急速に進む。1つの不具合の影響範囲が広くなるリスクを引き下げたい考えだ。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>