電力需要予測の世界的なコンペティション「GEFCom2017」で、日本気象(大阪府大阪市)が優勝した。コンペは3回目となり日本勢の優勝は初めてとなる。同社は分析手法よりも欠損もある生データの適切な処理が勝因だったと分析する。優秀な分析には「1にデータ、2にデータ、3にデータ」が同コンペ決勝進出者の合い言葉となった。