いすゞ自動車が2015年10月にフルモデルチェンジしたトラック「ギガ」が、順調に販売を伸ばしている。その背景にデータに基づく稼働監視サービスの標準装備がある。その結果、従来車両に比べて故障しにくくなったことが分かった。