九州大学は学生1人ひとりに対して、授業中と前後の学習状況をリアルタイムに把握し、自ら積極的に継続して学習できる人間の育成を進めている。個々の学生が単位を落としてしまうかどうか、予測することも可能になった。