慶応大学は神奈川県藤沢市とともに、IoTを活用した大気情報の収集やゴミ収集の最適化に乗り出している。今年6月中に100台のゴミ収集車へのセンサーの設置を完了する。今後、収集車にカメラを取り付けて、路面の劣化などの状況を把握したり、各家庭で出すゴミの量を推測したりする計画だ。