サトーホールディングスは主力のラベルプリンターに自己診断機能などを搭載し、IoT(Internet of Things)への取り組みを本格化している。機器内のセンサーの情報などを分析することで、故障などに結びつく可能性を予測。あらかじめ保守を実施することなどで、サービスの人員のコストを2020年時点に最大で3割減を目指す。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>