楽天は膨大な顧客データを有効活用するために「楽天データバリューチェーン」を構築し、★データインテリジェンステクノロジー部が中心に全社での活用を支えている。データサイエンス部データサイエンス課シニアマネージャーの馬学彬氏が、5月23日に開催された日本テラデータのイベント「Teradata Universe」で明かした。