京都府警察本部はビッグデータを活用した犯罪予測システムを昨年10月に導入し、半年で数件の検挙につなげる成果を上げている。今後はオープンデータの活用などで精度向上を目指す。