高速バス事業の統轄管理を行っているWILLER EXPRESS JAPAN(大阪市)が、202台のバス全車に眠気検知システムを導入して半年。走行中の衝突事故がゼロになった。