「平成28年熊本地震」において、リアルタイムに近い自動車の走行データ(プローブデータ)を使って、救援活動、支援活動をサポートする動きが広がっている。多様なデータを重ね合わせることで、利用価値を高める取り組みも始まっている。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>