東日本旅客鉄道(JR東日本)はIoT(Internet of Things)を活用したメンテナンスの高度化、効率化へ投資を進めている。3月7日に営業運転を再開した山手線の新型車両「E235系」で新たなデータの収集も開始。定期的な保全ではなく、状態に応じた「状態基準保全(CBM=コンディション・ベースド・メンテナンス)」の実現へ一歩前進した。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>