クルマから生まれるIoTデータの量と種類は拡大の一途。収益機会は自動車メーカー以外にも生まれ、異業種との“かけ算”が価値を高める。特集第3回は、さらに進んで同業同士のデータの“たし算”に取り込もうとする事例を取り上げる。