トヨタ自動車の新型「プリウスPHV」が60km以上のEV(電気自動車)走行距離を目指して開発された背景に、車載データなどのビッグデータ活用があったことが分かった。

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。