北海道を地盤として約200店舗のドラッグストアなどを展開するサツドラホールディングスは、地域の課題解決に向け同社のデータやリソースを活用するための団体を立ち上げた。人工知能(AI)を活用した第1号案件は今年4月以降にサービスを始める計画だ。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>