健康ビッグデータの分野でもAIの活用が注目されている。最も期待されているのが、アプリなどを継続的に使ってもらう仕掛けの実現である。ユーザーの嗜好にあった健康アドバイスやトレーニングメニューの提案、食事メニューの提案を行ったり、チャットボットの機能でユーザーからの質問に答えたりする。つまりユーザーに寄り添うことで継続率を高めるのだ。