IoTやデータの流通基盤の普及に伴って、企業が利用できるデータの量だけでなく種類も増えている。以前から関係がありそうだと思われていたようなデータや情報同士の相関を定量的に分析できるようになり、活用に向けた説明もしやすい環境が整いつつある。