IoTやデータの流通基盤の普及に伴って、企業が利用できるデータの量だけでなく種類も増えている。以前から関係がありそうだと思われていたようなデータや情報同士の相関を定量的に分析できるようになり、活用に向けた説明もしやすい環境が整いつつある。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>