クボタはデータ活用による精密農業支援として、圃場を5~20m四方のメッシュ単位できめ細かく管理する「KSASレイヤーMAP」を発表した。メッシュ単位の収穫量や食味、生育などのデータを見ながら、圃場全体の収穫量向上や食味の改善を進められるようになる。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>