スタートトゥデイは2017年11月末に上下着脱の採寸用ボディースーツの予約受付を開始した。現在の段階では150個ものセンサーを内蔵しており、体の1万5000カ所にも上る寸法を瞬時に計測する。S、M、Lなどサイズの目安が限られるファッションeコマースの課題であるサイズの不安を解消したり、体型データを活用したりする狙いがある。