新生銀行は2月中にも、人工知能(AI)を活用して算出した商品別の購入予測確率に基づくマーケティング活動を始める。約300万人の顧客データを用いて開発しており、検証では従来比5倍の契約率を出しているという。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>