NECはレーザープロジェクター型認証装置を開発し、手のひらなどにテンキーの像を投影して、それを指で触れることでの認証を可能にした。操作する指を正しく認識させるために深層学習(ディープラーニング)技術を活用した。