三井住友フィナンシャルグループ(三井住友FG)は、深層学習(ディープラーニング)を使ってクレジットカードの不正検知の精度を上げる検証を行った。不正利用の疑いがあると判定した取引のうち、本当に不正な取引だった比率を従来の5%程度から90 %程度へと大幅に引き上げることに成功した。