マツダが取り組むデザインドリブンのブランド改革を追う。マツダの躍進は、クルマづくりにとどまらない。顧客との接点に魂動デザインを行きわたらせることで、マツダブランドはさらに強く、魅力的になっていく。こうした取り組みは、販売担当者のモチベーションまで大きく変えた。