マツダが取り組むデザインドリブンのブランド改革を追う。マツダを象徴するデザインテーマであり、ブランド躍進の原動力となった「魂動」は今、日本の美意識とともに、新たな生命感を表現しつつある。