マツダが取り組むデザインドリブンのブランド改革を追う特集の第1回。2017年10月、東京モーターショー2017でベールを脱いだ「VISION COUPE」は、2015年に発表した「RX-VISION」と双璧を成す、マツダデザインの新たな象徴。マツダデザインは今もなお、次なるステージへ進化を続けている。

「VISION COUPE」は、日本の美意識を体現した美しい4ドアクーペ。マツダデザインのこれからの進化の方向を指し示す、新たな象徴だ
「VISION COUPE」は、日本の美意識を体現した美しい4ドアクーペ。マツダデザインのこれからの進化の方向を指し示す、新たな象徴だ
[画像のクリックで拡大表示]

 伸びやかで優雅な4ドアクーペ。東京モーターショー2017で世界初披露となった「VISION COUPE」は、マツダ社内で「ビジョンモデル」と呼ばれるデザインスタディモデル。現在のマツダが考える最高のカーデザインを具現化した渾身の1台は、マツダデザインの今後の方向性を示す最注目モデルだ。

 というのも、VISION COUPEはモーターショーに出展される、いわゆるコンセプトカーでありながら、ショーの舞台を華やかに演出するためだけの“ショーカー”ではない。通常、自動車メーカーがモーターショーで発表するショーカーは、実現不可能だったり、市販時に全く異なるデザインへの変更を余儀なくされたり、結局のところ絵に描いた餅になりがちだ。しかし、VISION COUPEは、マツダが進むべき次なるカーデザインを指し示した、まさに“ビジョンモデル”なのだ。