日本航空のWebサイトは24時間365日、顧客との接点になる重要な旗艦店舗だ。国内線航空券の年間販売額約5000億円のうち、Webサイトでの販売比率は実に50%を超える。しかも、1日に訪れる訪問者は約40万人に及ぶ。同社は、この旗艦店舗の訪問者を対象に、2010年12月からデータベースマーケティングに取り組んできたが、最近になって注目に値する成果が出始めており、担当者は手応えを感じている。