笹川スポーツ財団「スポーツライフに関する調査報告書」によると、ランニングやジョギングを楽しむ国内成人の人口がほぼ一本調子で増えている。2002年に推定483万人だったランナー人口は、2012年には1000万人を超えた。10年でマーケットの規模が2倍以上に拡大した計算である。