ゲームソフト開発トーセの子会社であるフォネックス・コミュニケーションズは2013年2月、イベント来場者のロイヤリティを高める「テイクアウトライブ/Take Out Live」の本格提供を開始した。テイクアウトライブは、コンサートなどのイベント終了後すぐに、ライブ映像や楽曲をスマートフォンにダウンロードして“持ち帰る”ことができるようにするサービス。オフラインとオンラインの連携や、顧客の関心が高まっているタイミングで接点をつくるリアルタイム性に加え、コンテンツをインターネットからダウンロードして購入する消費スタイルの定着や、スマートフォンの普及と通信回線の高速化といった技術的な進化の現状を上手く組み合わせた点が興味深い。