ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイは2013年10月、「WEAR(ウェア)」と呼ぶ新サービスを発表した。商品に取り付けたバーコードとインターネット上に蓄積した着こなし画像や、実店舗とECサイトの連携を可能にするもの。2014年1月時点でWEARを利用できるアパレル商品のブランドは2000種類以上、登録された着こなし画像は約20万枚に上る。