大きな出来事をきっかけに、一つのマーケットで特定のニーズが一気に顕在化することがある。最たる例が2011年3月11日発生した東日本大震災後の不動産マーケットだ。