マタニティー・ベビー用品の販売店を展開する赤ちゃん本舗は2012年から、ネット通販用タブレット端末を配置した「スマートショッピングコーナー」を一部店舗に設置している。主な狙いは、販売品目拡充と顧客の利便性向上の2点。