マピオンは、同社が運営するモバイル位置情報ゲーム「ケータイ国盗り合戦」をO2O(オンラインtoオフライン)メディアとして活用する取り組みを進めている。ケータイ国盗り合戦は、ユーザーが戦国武将となり、全国各地へ実際に出かけた際の位置情報履歴を、制覇した国数という形でコレクションするスタンプラリー型の無料ゲームである。同ゲームを送客に活用する方法は、(1)対象店舗や地域でスタンプラリーイベントを開催する、(2)ゲーム特典付きのカード(くにふだ)を一定金額以上の買い物レシートと交換する形で発行する、の主に2つ。2014年2月時点で110万人を超える会員数を背景に、対象店舗や地域への新規顧客送客や購買行動促進の成功事例を積み重ねている。

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。