クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパンは2013年1〜3月、実店舗でドーナツと交換できる電子ギフトカードを「Facebook」や「Twitter」などのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を通じて贈れるようにするサービスを期間限定で提供した。贈答機会の多い「バレンタインデー」や「ホワイトデー」のシーズンにドーナツを手軽に贈る手段を提供することで、新規顧客獲得やブランドの認知度向上、ドーナツの贈答利用の定着などを図る狙いがあった。