2020年の東京オリンピックを見据え、高齢者や障害者が利用しやすいよう、バリアフリーの促進が求められる宿泊施設。しかし、段差をなくし手すりを付けるなど、設備の整備だけで十分だろうか。年間30万人が訪れる温泉旅館の加賀屋の例は、高齢化時代に求められる設備やサービスの参考になる。