2020年の東京オリンピックを見据え、高齢者や障害者が利用しやすいよう、バリアフリーの促進が求められる宿泊施設。しかし、段差をなくし手すりを付けるなど、設備の整備だけで十分だろうか。年間30万人が訪れる温泉旅館の加賀屋の例は、高齢化時代に求められる設備やサービスの参考になる。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>