サントリーグループは、京都府精華町に約100億円を投じて開設した研究拠点「サントリー ワールド リサーチセンター」のコンセプト作りにおいて、デザイン思考の手法を生かしたことを明らかにした。グループの基盤研究を行う拠点として研究員が新しい発想を生み出し、研究の質を向上させることが狙い。