NECは、漆器のような黒を実現したバイオプラスチックを、京都工芸繊維大学や漆芸家の下出祐太郎氏と共同開発。商品化へ動き出した。漆器が持つ独特な漆黒の光学特性を詳細に分析し、草や木など非食用植物を原料にしたセルロース樹脂に光の反射や着色性を調整する添加剤を配合。漆黒に近いレベルの光沢を備える素材を実現したという。